011号〜020号


001号〜010号
010号〜020号
021号〜030号
031号〜040号
041号〜050号
051号〜060号
061号〜070号
071号〜080号
081号〜090号
091号〜100号
100号〜110号
110号〜120号
120号〜130号
130号〜140号
141号〜150号
151号〜160号
161号〜170号
171号〜180号
181号〜190号
191号〜200号
191号〜200号
201号〜210号
211号〜220号


020号 2011.05.6

安全とサービスの維持・向上の要チームに不可欠な経験豊かな乗務員

4月27日に開かれたJAL不当解雇撤回裁判(原告は客室乗務員)における桑原さんの意見陳述(要旨)を紹介します。

NO.20 PDF ダウンロード
019号 2011.05.6

第2回 JAL客乗不当解雇撤回裁判 2011.4.27東京地裁

当初から意図されていた、不当な整理解雇を撤回させよう!航空機の中は特殊な環境!低酸素、低湿度、低気圧(富士山5合目)・・・、乗客の生命を守る保安要員として、チームの要になるベテランが必要!

NO.19 PDF ダウンロード
018号 2011.04.26

「稲盛会長と真摯に話し合いたい」原告の思い

〜JALの将来のためにも、不当で無謀な解雇はあり得ない〜

NO.18 PDF ダウンロード
017号
2011.4.22

解雇回避の努力もせず、解雇権の濫用といえる

  • 〜過去最高の利益やコスト削減策からも解雇は回避できたはず〜 
  • 4.18 JAL不当解雇撤回裁判 パイロット原告団
    第2回口頭弁論における、長尾弁護士の意見陳述。
NO.17 PDF ダウンロード
016号 2011.4.22

安全を最優先の航空法を守ってこそ真の再建

〜物が言えない職場では安全を担保できない〜

  • 4.18 JAL不当解雇撤回裁判 パイロット原告団 
    第2回口頭弁論における、山口原告団長の意見陳述
NO.16 PDF ダウンロード
015号
2011.04.16

共同を広げ、不当解雇も退職強要も許さない!!

  • 人間の尊厳を踏みにじる乱暴な解雇に退職強要。こんな横暴は絶対に許さない! 4月14日、「許すな!乱暴な解雇・退職強要 声を上げよう4.14集会」が開かれました。会場は1000名の参加者でいっぱい。J AL不当解雇撤回争議団も団を挙げて参加。ナショナルセンターの違いをこえて不当解雇や退職強要に反撃する共同を広げ「必ず撤回させる」と言う決意を固め合いました。
NO.15 PDF ダウンロード
014号
2011.04.16

IFALPA 総会で日航の不当解雇撤回闘争に支援の決議

  • 4月8〜11日にかけチェンマイ(タイ)にて開催されたIFALPA(国際民間航空操縦協会連合会)の総会で、不当解雇と闘う日本航空乗員への支援声明が採択されました。総会には、争議団の一員でもある山崎さんも、日本の加盟組織である日乗連(日本乗員組合連絡会議)の議長として参加しました。日航の争議でIFALPAが声明を出すのは2度目。IFALPAが1国の1組合の争議で支援声明を決議するのは異例なことですが、それだけ、日本航空の解雇が国際的に見ても看過できない不当なものであることを示しています。
NO.14 PDF ダウンロード
013号
2011.04.08

原告団も被災者支援に最大限協力したい

〜103名の総会参加で団結を深めました〜
4月2日原告団総会が開かれ、大震災後の会社や職場の状況、第2回口頭弁論に向けての今後の予定などを確認しました。参加者は103名(原告 乗員38名、客乗56名、他9名)でした。

NO.13 PDF ダウンロード
012号
2011.04.05

原告団 稲盛会長との直接対話を要求

NO.12 PDF ダウンロード
011号
2011.03.30

JALは10万を超える署名に真摯に答えよ"

  • 3月29日、JAL不当解雇撤回国民共闘は日本航空への要請行動を実施、日本航空社長宛の不当解雇撤回署名10万912筆(累計)と各団体から寄せられた解雇撤回の要請書を提出。
NO.11 PDF ダウンロード